ライセンス変更のGoogle Mapを使う

  • GoogleMapは一定のライセンス費用が無料に

    • 2018年6月から、新たなサービスがスタートしました。
      それはGoogleMapPlatformと呼ばれるサービスで18種類のAPIが3種類にまとめられたことによって以前よりも分かりやすく、より一層使いやすいというのが特徴になります。

      既に設定されているコードに関しては変更しなくても良いので、これまでどおり利用し続けることが可能です。

      GoogleMapのライセンス情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

      ライセンスの費用が気になりますが、表示回数に応じて利用料を後払いする方式料金プランに統合されたことによって従来よりもシンプルになりました。

      新たなGoogleMapsPlatformの料金プランでは毎月200ドル分のライセンス費用を無料で利用することが可能な、お得なサービスが提供されています。

      ほとんどのGoogleMapsPlatformの利用者は、この200ドル分のライセンス費用を毎月超えるようなことはないため無料で利用することが可能です。

      GoogleMapsPlatformは200ドル分のライセンス費用を無料で利用することが出来ても、料金を支払うのに必要となる情報を登録する必要があります。

      ですので設定を変更する必要が生じる場合もあるため、そのことに関しては注意が必要です。



      料金を支払うのに必要となる情報を提供することにより始めて地図が表示することが出来るようになることから、料金を支払うのに必要となる情報を前もって登録する必要があります。



      以前によりも、利便性が高まったということで評判が良いです。