ライセンス変更のGoogle Mapを使う

  • Google Mapを使う際にライセンスを意識する

    • オンラインショップなどに店舗情報を掲載する際に、顧客への情報提供を行うのに優れている方法が地図コンテンツです。

      この地図コンテンツをオンラインショップの内容に合わせて作っておく事で、企業の顧客は店舗までの道順を迷う事が無くなるでしょう。

      GoogleMapはAPIが用意されていますが、オンライン地図サービスとして利用する分には料金などが発生せずに使う事が出来ます。

      明日に役立つGoogleMapのライセンス情報のお得な利用法をお教えします。

      スマートフォンユーザーやパソコンユーザーなどが地図検索をして、目的地までのルートを探すという用途においては十分に役立つでしょう。



      一方で、GoogleMapの機能を使って独自の地図コンテンツを作りたいという場合には、ライセンスに則ってAPIを導入する必要があります。



      GoogleMapAPIを使うにはAPIキーが必要です。
      これは、DeveloperConsoleというサービスで、クレジットカード登録やパートナー契約を行う事でAPIのライセンスを取得する事ができ、APIを使って地図コンテンツの制作をしていく事が出来ます。
      ライセンスを取得した企業や開発者は、自在にAPIが持つ機能を使う事が出来ますが、無料で使えるマップデータ量が従来の無料ライセンスと比較して大幅に少なくなっています。


      無料で使える分を超えた場合には、使った分だけ料金を支払う必要がありますので、凝ったコンテンツを制作するといった目的が無ければ、無料で使えるGoogleMapの検索結果をリンクするという方法も検討してみると良いでしょう。