ライセンス変更のGoogle Mapを使う

  • ライセンス変更のGoogle Mapを使う

    • 企業はオンラインショップを運営する事が多くなってきていますが、同時に実店舗を全国展開する事も継続して行われています。

      注目のGoogleMapのライセンスが有名になってきました。

      オンラインショップの場合は、スマートフォンなどを使う事で直ぐにアクセスする事が出来ますが、実店舗へ来店するには道順を知る必要があります。

      大通りに面しているのであれば、店の位置も直ぐに分かるでしょう。

      しかし、少し駅から離れていたり、主な道路から離れていたりした場合は店への道順が分からなくなる事があります。

      GoogleMapを使う事で、企業の顧客が店の場所を知る道標となりますので、企業と消費者双方にメリットがあるでしょう。



      GoogleMapを使う上でライセンスについて確認しておくべきです。
      特に企業や開発者が商用利用する場合、有料のライセンスが今まで必要でしたが、これが見直されて統一される事になりました。

      その為、GoogleMapAPIを使う時にはライセンスを気にしなくても、クレジットカード決済やパートナー契約をすれば、企業や開発者はAPIの商用利用がよりスムーズに行えるようになります。



      一方で、クレジットカード登録やパートナー契約が必須となりましたので、個人用途では誰でも無料で使える無料ライセンスと比べますと不便になった部分もあります。
      GoogleMapは便利なオンラインサービスであり、多くの人々が使っており、インターフェースが優れていますので独自コンテンツを作らないのであれば、通常のGoogleMapを活用するのも良いでしょう。