ライセンス変更のGoogle Mapを使う

ライセンスを確認してGoogle Mapを使う

日本の見知らぬ土地へ行ったり、目的の店舗まで行くには、地図を使うのが便利です。

GoogleMapのライセンス情報ならこちらをご利用ください。

インターネットが普及し、多くの人々がスマートフォンやタブレットなどの情報端末を使うようになった時代において、オンラインで地図情報を消費者に提供するのは当たり前になっています。

このような地図コンテンツを消費者に提供するには、GoogleMapの利用が選択肢の一つに挙がってきます。



このGoogleMapを商用利用しようと考えますと、気をつけるべき事は利用の際のライセンスの扱いです。

独自コンテンツをGoogleMapベースで作成するのであれば、APIを使う必要があります。


GoogleMapを使う方法としては、既にサービス提供会社が提供しているコンテンツにリンクを貼る方法、APIを使って独自コンテンツを作る方法があります。地図検索結果ページにリンクを貼る場合は、特にライセンスを意識する必要はありませんが、APIを商用利用する場合にはライセンスが大いに関係してきます。



APIには商用利用時のライセンスが定められており、これに則って利用する事が出来ます。


規約が変わってから、ライセンスが一本化されるようになり、ある程度の利用データ量であれば無料で使えますが、その後の無料分以上のデータ量が発生しますと従量課金で料金が発生する仕組みになっています。

その為、本格的にAPIを使うにはクレジットカード決済が出来るようにしておく事が必要です。

  • GoogleMapのライセンスの常識

    • 地図コンテンツを作成するには、一から地図データを用意するのは困難です。企業の中には、実店舗を全国に展開していて、店までのアクセスの一覧コンテンツを用意しておきたいといった事情があるでしょう。...

      detail
  • GoogleMapのライセンスの秘訣

    • 2018年6月から、新たなサービスがスタートしました。それはGoogleMapPlatformと呼ばれるサービスで18種類のAPIが3種類にまとめられたことによって以前よりも分かりやすく、より一層使いやすいというのが特徴になります。...

      detail
  • GoogleMapのライセンスの基本知識

    • オンラインショップなどに店舗情報を掲載する際に、顧客への情報提供を行うのに優れている方法が地図コンテンツです。この地図コンテンツをオンラインショップの内容に合わせて作っておく事で、企業の顧客は店舗までの道順を迷う事が無くなるでしょう。...

      detail
  • GoogleMapのライセンスの基礎知識

    • 企業はオンラインショップを運営する事が多くなってきていますが、同時に実店舗を全国展開する事も継続して行われています。オンラインショップの場合は、スマートフォンなどを使う事で直ぐにアクセスする事が出来ますが、実店舗へ来店するには道順を知る必要があります。...

      detail